メールアドレスを入力してください
必須項目

ブラックジャック

41 ゲーム

ブラックジャックとは合計点を「21」に近づけるカードゲーム

配布されたトランプのカードを合計して21に近づけていくゲームです🎮愛好家も多く、世界中で人気が高い定番の遊びの1つだと言えます。

ブラックジャックをプレイする前に知っておきたい用語

ブラックジャックをプレイする際に役立つ基本用語を紹介します🦁

ヒット

トランプをもう一枚、受け取ることを意味します。合図の方法として、”ヒット”というかコンコンと机を叩くことが一般的です。オンライン上では、”ヒット”というボタンが出てくることが一般的です。

スタンド

トランプの受け取りを止めることです。スタンド後は新しくトランプを受け取らず、今あるトランプで勝負することになります。合図には”Stand”や”Stay”等と言うか、テーブルの上で手のひらを下に左右に振る方法があります。オンライン上では、ボタンが出てくることが一般的です。

バースト

トランプの合計が21を超えてしまうことです。相手のトランプがどんなに小さくても、敗北になってしまいます。

両者がバーストした場合はプレイヤーの敗北になる

相手もバーストしたケースでは、プレイヤーの負けとなります。
【バーストとなるハンドの例】
-プレイヤー:3・K・J
-ディーラー:7・Q・K
上記の例では相手の方が21を大きく超えていますが、プレイヤーが負けです。

アップカード

ディーラーが1枚だけ表にして見せているトランプのことです。1枚だけトランプの表が見えていることで、様々な心理戦が発生します。

ブラックジャック

10・J・Q・Kとエースで21が成立することを呼びます。配当金が1.5倍になります。

ダブルダウン

掛け金を倍にしてトランプをもらえます。1回しかできないため、1枚追加された時点で強制的に勝負することになります。オンライン上では、ボタンとして出てくることが一般的です。

スプリット

最初のトランプ2枚が同じ数字のケースで、手を2つに分割できます。何のトランプが2枚揃ったか、表になっている数字は何かにによって、スプリットすべきかどうかを決断する戦略性が生まれます。オンライン上では、ボタンとして出てくることが一般的です。

インシュランス

ディーラーがブラックジャックだったケースで配当金が支払われることです。ベットした金額が没収され、保険金の2倍が返ってきます。インシュランスを行うか否かは、表になっているトランプとプレイヤーのトランプを見て決断できます。

ブラックジャックの基本的なルール

ここでは、基本的な決まりごとを紹介します🦁

カードの数え方

2~9はそのまま数え、10・J・Q・Kは全部10としてカウントします。エースは1もしくは11のどちらかを戦況に応じて選択できます。

特別な役

10と1の組合わせの際は、先程お話しした通り配当が1.5倍になります。

特殊ルール

この他にも特殊な決まりがいくつかあります。

ダブリングダウン(Doubling Down)

ダブリングダウンとはベットした金額を倍にできる特殊ルールです。ただし条件として、最初の2枚のトランプを確認した際に追加で1枚しかもらわないことを宣言する必要があります。3枚目がどんなトランプでも受け取らなくてはならないため、トランプが都合の良い状態(9~11のケースやエースが含まれているケースなど)で宣言すべきでしょう。

スプリッティングペアー(Splitting Pairs)

最初のトランプ2枚が同数のケースで、既にベットしている額を倍にすることで手を2つに分割できます。2枚のトランプを見て勝てそうにないと決断した際や、表になっているトランプからディーラーがあまり強くないと決断した際に活用しましょう。

インシュランス(Insurance)

「インシュアランス」は、ディーラーの1枚の表向きのカードがA(エース)の時にプレイヤーに与えられるオプションです。ディーラーがブラックジャックを成立させた際に、ベットした金額を保護することを指します。表になっているトランプがエースだった際などに活用を検討しましょう。

イーブンマネー(Even Money)

プレイヤーがブラックジャックを成立させた際にディーラーも同様に成立させる確率がある際のインシュランスです。インシュランスと同様に、表になっているトランプがエースだった際などに活用を検討すべきでしょう。

サレンダー(Surrender)

ゲームから降りてベットした金額の半分の返還を受けることです。プレイヤー自身のトランプがとても弱く、表になっているトランプが強い際には活用することも手でしょう。

ブラックジャックの遊び方と賭け方

ここでは、基本的なプレイやベットの仕方を紹介します。まず前提として、下記は基本的な決まりであり、各カジノによって異なる点は理解しておきましょう🃏

<全体の流れ>
1.ディーラーからの『プレイスユアベット』の号令で始まる
2.ベッティングエリアにチップをベットする
3.ディーラーからの『ノーモアベット』の号令でベットタイム終了
4.トランプを2枚ずつ配布する
5.各プレイヤーにまだ受け取るか否か確認する
6.更に受け取る際はテーブルを優しくたたく(何回でも可)
7.(21点を越えてしまうとその時点で失格)
8.手持ちの点数が十分なら手を横に振りスタンドを宣言する
9.ディーラーは17点以上になるまで引き続ける

ディーラーが21点以上になった際、失格せずに残っているプレイヤー全員が勝利します。基本的には、ディーラーよりも21点に近いプレイヤーが勝利となり、配当を受け取ります。

ブラックジャックでよくあるハウスルール

ハウスルールとは、お店ごとに決められた独自の決まりのことです。ここでは、代表例を紹介します。

ソフト17とハード17

ソフト17...エースを11とした際に合計17になるケースを言います。ハード17...上記以外で合計17になるケースです。通常ディーラーは17になったらそこで止めますが、ソフト17の際だけまだ続ける独自の決まりもあります。

デッキ数

DECK(デッキ)とは1ケースのトランプ(52枚)のことです。デッキ数は使われているトランプの枚数を指しており、2デッキなら104枚、3デッキなら156枚になります。使用デッキが少ない際は山に残っている特定のトランプの枚数が読みやすくなります。テーブルによって使用デッキが異なるため、確認が大切です。

ダブルダウン条件

ダブルダウンを宣言できる条件が、「11か10の時に限る」などと限られているケースがあります。ソフト15(エースと4)やソフト16(エースと5)でのダブルダウンができないケースがあるため、プレイ時には留意すべきです。

ブラックジャックを行う上での注意点

ここでは、ブラックジャックを行う際の注意点を紹介します。

基本的な注意点

4デッキや6デッキで進む時プレイヤーのトランプ2枚も表にされており、プレイヤーが触ることを許されないことがあります。1デッキや2デッキの会場でもどちらか一方の手で触れるように制限されています。もし上記決まりを破ると不正行為とみなされる確率もあるため注意しましょう。

初めてブラックジャックをする際はファーストベースに座らない

ゲームが始まる最初の席であるファーストベースには、ビギナーは座らないようにしましょう。基本事項が理解できていないプレイヤーが座った際、ゲームの妨げになる可能性があるためです。注意を受けるケースもあるためお気を付けください。また、ディーラーから向かって右側の最後の席であるサードベースもビギナーは避けた方が無難です。最後にカードが配られる位置であるため、サードベースの決断が遅れると悪目立ちする場合があります。

ブラックジャックが体験できるオンラインカジノ

レオベガスのライブカジノではプレイヤーに一番人気のEvolution社をはじめ合計で7社(AuthenticGaming、Playtech、Pragmatic Play、Ezugi、LiveG24、Real Dealer)のゲームプロバイダーと提携し様々なブラックジャック・テーブルをご用意しています。世界中で人気のカジノゲーム、ブラックジャックを熟練のディーラーがお届けするEvolution社の専用ロビーからは、賭け金額やルール、テーマによって様々なテーブルをお楽しみいただけます。最小賭け金額は100円から、最高は数十万円を超えるテーブルまで気軽にプレイしたい方からハイローラーのお客様まで充実したラインナップをご用意しています。
そしてWolf GoldSweet Bonanza などの人気スロットで知られるPragmatic Play社はライブカジノゲームでも4Kの美しい映像と優れたゲーム性で人気急上昇中❤Pragmatic Play社のブラックジャック・ロビーからは15種類以上のブラックジャックテーブルへアクセス可能です。さらにレオベガスでは1999年創業の大手ゲームプロバイダー、Playtech社のライブゲームもご利用になれます。マルタライセンスでエボリューション社とプレイテック社の両方のライブカジノゲームを提供しているカジノは多くはありません🎉Playtech社のブラックジャックで人気のQuantum Blackjack Live(クォンタム・ブラックジャック ライブ)は基本ルールは通常のブラックジャックと同じですが、マルチプライヤー付きのラッキーカードがランダムに最大3枚選ばれ、このカードがハンドにある状態でプレイヤーが勝利した場合にマルチプライヤーを乗算した配当金を獲得できるという特殊ルールを採用しています。最大マルチプライヤーは10倍で、ラッキーカードの組み合わせ次第で1,000倍の勝利も実現します💰
また、比較的新しいAll Bets Blackjack Live(オールベッツ・ブラックジャック ライブ)は座席数が無制限ということに加え、サイドベットが充実していることが特徴です。通常のブラックジャックでは21+3やパーフェクト・ペアなど限られたサイドベットだけが利用可能ですが、All Bets Blackjack LiveではTop 3やLucky Luckyを含め6種類を楽しむことができます。
レオベガスで最もおすすめなのはEvolution社が提供するレオベガスのプレイヤーさまだけの専用テーブルChambre Séparée(シャンブル・セパレ)でプレイできるブラックジャックです。レオプレイヤーさま専用のため、人気のEvolution社のゲームも並ばずにプレイできることが最大のポイントです🌟またシャンブル・セパレでしかプレイできない限定のゲームも体験できます。人気のLeoVegas Live Blackjack 1など気軽にプレイできるテーブルから、VIPプレイヤーにもご満足いただけるBlackjack Fortune VIPなど賭け金額の範囲から特殊ルール採用のテーブルまで様々なラインナップから選んでプレイできます。
このようにレオベガスでは人気ゲームプロバイダーのブラックジャックだけでなくレオベガス専用テーブル、最新ゲームも随時取り入れており、遊んでみたいゲームが必ず見つかるはずです🃏

レオベガスのブラックジャック一覧はこちら